2012年

8月

01日

8月

出たばかりの稲の穂と葉っぱを揺らす風。8月。

風はいつも般若心経のよう。

 

いくら目を凝らしてみても風自体は決して見えない。風は、風に当たった葉っぱやモノが揺れて、風が吹いているのを間接的に見ているに過ぎない。どれだけ激しく葉っぱが揺れていても、やっぱり風自体は見られない。見れないのだから風は「無い」のかと言うと、吹いてきた風は感じられるのだから確かに風は「有る」。

 

同じように人の心や悲しみや喜びも「ここに出してみろ」と言っても出せない。笑顔や泣き顔、喜びの文章、写真だって、揺れている葉っぱのようなもので、心自体ではない。

 

でも、「無」を説く般若心経は、見える・見えない・有る・無し、を説いている訳ではない。

「無」とは「変化」を言う。

 

吹いてきた風が通り過ぎていく、止む、強くなる、弱くなる。

心も強くなる、弱くなる。何一つとして一瞬一瞬変化しないものは無い。人も社会も人生も季節も全ては変化している。留まることがない。

留まることがない、変化し続けているから、切り取りようがない。

あると思うなよ、ずっと一瞬一瞬変化しているんだよ、これが、般若心経の言う「無」。

 

変化こそ万物が避けて通れない真理。ならば、変化を恐れることはない。

8月が来た。