2014年

1月

02日

大人の大奥

ここは長崎県島原市上の町にある古本屋「吉四六書房」さん。そしてこの部屋は、ごく限られた人だけに入室が許される秘密の奥の間。ここは異次元異空間,ホンモノの人たちが集う場所。

 

写真左は店主・実成氏、右は京都から来られた大工金田氏。例えば、このお二人の会話は、古代史、世界、宗教、精神世界etc..多方面に渡る造詣の深さと知識量に感心するばかり。私も結構本を読む方ですが、まるで幼稚園児同然です。内容によっては99%分からないこともしばしば。一体みんなどこまで勉強してるんでしょう。圧倒的です。

 

年の幕開けは毎年「吉四六」書房奥の間から。今年もやっぱり、凄い人たちに出会ってディープで濃い年明け発進。