2013年

5月

03日

本当は暗いのに

トラクターにはヘッドライトの他に、車体前後の上に「作業灯」が付いています。

日没後どうしても作業を急がなければならない時は、この作業等を灯して田んぼを耕し続けることができます。

便利は便利だけど、こんなもんトラクターについてなければ、素直に日没作業中止するのに。悩ましい文明の灯です。

トラクターの作業灯は、どことなくパソコンやフェースブックやツイッターや携帯電話にも似てます。便利だけど、じゃあ、便利になった分人が幸せになったかと言うとかなり疑問「う~ん・・」。

便利なものを使う時には、その不自然さをいつも感じていないと、知らぬ間にどこかに連れて行かれそう。危ない危ない。

本当は暗いのに、作業灯があるとまるで昼間みたい。  (山ちゃん)

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    なべ坊主 (月曜日, 06 5月 2013 11:29)

    わかっちゃいるけど、、、^o^
    使いこなせばよいとわかりつつ、

    また、肩凝り爆発しません様に。(u_u)