2012年

6月

03日

100円

親戚の若者が大学を辞め米作りの道に。名古屋方面に一泊すると言うので少しでも勉強になればと、わずかな時間で犬山~美濃加茂~可児~八百津~中津川~恵那コースでプロ農家を2軒、農機具屋さん、中華料理店を2軒、焼肉屋さん、居酒屋さん、中国語を学べる飲み屋、英語を学べる飲み屋、酒屋さん、喫茶店山小屋さん、ホテル。

 

帰り道に、以前山ちゃんのブログに載ってた激辛ラーメンにチャレンジしたいと言うので連行。

見事完食したら賞金100円、実食中「辛い」と言わなければ更に100円、水は一杯だけで我慢できればさらに100円の合計300円の懸賞金を私が出すことに。

辛いものは得意なやる気満々の彼、想像を絶する激辛ラーメンに果敢に突撃。可哀そうに唇も手も震えながらも驚くべきことに見事麺だけは完食。「辛い」とも言わない、水も飲まない!

私は以前あまりの辛さにほんの数口しか口にできませんでした。にもかかわらず、次の日には大爆発・大噴火を繰り返した経験があります。

彼が顔をしかめピクピク震えながらも食べ続ける姿を見ていると心の底から心配になってきました。このまま訳の分からない根性をもってしてこの地獄の辛さのスープまでも飲み干してしまうのではないか?!顔は勿論真っ赤、手も小刻みに震えているではありませんか!心配だ!!危険だ!大丈夫なのか?なにが心配って「このまま完食してしまったら賞金300円を彼に差し出さねばならないではないか!!」

 

一時は地獄のスープまでも全て食い尽くすペースに日本農業界の可能性を大いに見るも、徐々にと言うか最初からとっくに日本人の胃袋の構造限界を越えている強烈バカ激辛ラーメンの前に轟沈。よかった、彼は正常だ。写真の手は完食未達成のペナルティーに21歳の若者から逆にゲットした100円。

 

それにしても、せっかく勉強になるようにと時を惜しんで連れまわした場所や出会った人々との彼の思い出は、きっと一杯のラーメンの辛さの前に全て吹き飛んでしまったに違いない。

岐阜は・・甘くない(笑)

 

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    Arica Ocegueda (水曜日, 01 2月 2017 20:17)


    This design is spectacular! You obviously know how to keep a reader entertained. Between your wit and your videos, I was almost moved to start my own blog (well, almost...HaHa!) Great job. I really loved what you had to say, and more than that, how you presented it. Too cool!

  • #2

    Marchelle Steve (日曜日, 05 2月 2017 16:53)


    I'm truly enjoying the design and layout of your blog. It's a very easy on the eyes which makes it much more enjoyable for me to come here and visit more often. Did you hire out a developer to create your theme? Fantastic work!

  • #3

    Del Lever (月曜日, 06 2月 2017 10:02)


    Hello there! This article couldn't be written much better! Reading through this post reminds me of my previous roommate! He always kept talking about this. I most certainly will forward this article to him. Fairly certain he will have a great read. Thanks for sharing!