2012年

5月

26日

広瀬隆氏講演会

本物に触れるということはこういうことですね。ネットや動画ではなく生・広瀬隆氏にお会いできて本当に良かったです。

広瀬隆氏に小出裕章氏、誰も振り向きもせず皆が馬鹿にしていた頃から彼らは原発の危険性を訴え続け、そして言う通り福島で事故が起きたわけです。だから発言や内容に信憑性が高い。今日も全く知らないような事実をいくつも知れてよかったです。

広瀬さんありがとうございました。

 

今日の講演の感想。英語と中国語を話せて良かった。再稼働してまた事故が起きたら即私は海外に逃げようと思います。この考えは間違ってない。

ン百万かけて放射能測定器を買ってよかった。自分の農産物がどれくらい汚染されてるかも知らずに売って生計立てるなんて、私にはできない。この考えもあってる。

さて、ありがちなのは広瀬隆氏や小出裕章氏の様な方を(彼らはそれを望んでいないのに)周りが盲目的に信奉しヒーロー化神格化してしまうこと。これは逆に言えば政府や東電の言っていることを盲目的に信用するのと構図は変わらない。尊敬と盲目は違う。ちゃんと自分で考える。