2012年

1月

30日

ロボジー>ハッピーフライト

たまには軽い映画もいいかと「ロボジー」

愛想がいい人より吉高由里子の様なちょっと性格が悪そうな、ちょっと冷たそうなの女優さんの方が好き。映画と言うよりはテレビだけれど、クスクスは笑えました。

 

学生の頃、暇さえあれば池袋の劇場にアングラ劇団を散々観に行っていて、勢い余って劇団「飯島組」(今はない)の裏方を一公演だけやらせてもらいました。もう二度と演劇はすまいと心に決めるほど大変でした。それ以来演劇も映画もストーリーを先読みしてしまう悪い癖がついてしまい、なかなか映画そのものにどっぷり浸かることができない病に(泣。

 

私のベスト映画は25年前に見た仲代達也主演の「切腹」

同じくベスト演劇はこれも25年前に見た劇団ショーマの「パズラー」

両方ともストーリーを考える余裕がないくらい作品と俳優に圧倒的なパワーがあってズッポリ引き込まれたのを今でも覚えています。

配役って大事ですね。ロボジーは安易に二枚目俳優を起用しなかったところがいいです。