2011年

10月

05日

涙雨

教授の葬儀は涙雨の中、私は人生初の弔辞、お見送りの挨拶をさせていただきました。昨日の最後の稲刈り中には教授が来て下さっているのをハッキリ感じました。教授、あちらでもお元気で。