2011年

5月

09日

家畜化

一見落ち着いているように見える原発事故ですが、残念ながら状況は伝えられているよりもかなり深刻です。

この期に及んでも情報公開されているようで、大事なまたは危険な情報はメディアでは私達に伝えられていません。

残念です。 

日々慣らされることに慣れてしまうと家畜になってしまいます。

考えることを止めるとすぐ。

よ~く考えてみてください。

冷静になって考えてみると、事故後に何一つ事態は好転していないことに気付き愕然とします。

全てはイメージの世界です。 

 

実は今、原発3号機の圧力容器の温度が200度を超え上がり続けています。

3号機はプルサーマル、つまりウランとは比べ物にならないほど危険な物質を使っています。プルトニウムの半減期は2万4000年。

もし情報がしっかり公開されているなら、海外メディアではなく私達が3号機の爆発についてもっと知っているはずです。

3号機の爆発について知ってますか?映像をはっきりと見たことはありますか?明らかに水素爆発の域を超えた爆発だと言うことが素人目にも分かります。なぜこれを海外メディアの映像から知らなくてはいけないのか、実にオカシナ状況の中に私達は生活している訳です。

http://netwatch.24joy.net/fukushima/index.php?itemid=1652&catid=111

繰り返しますが3号機の中にはプルトニウム。