2011年

4月

06日

たねまき

種まきが始まりました。原発がなんとか収まって無事に秋の収穫を迎えたいです。お米の種だけじゃなくて、今回の震災や原発問題を深く考えて自分の中にいろんな種を蒔いていきたいと考えています。

 

繰り返しますが、日本中54基の原発を止めても日本の電力は足りてます。

今は火力発電所が震災で大きな被害を受け為に電力不足になっているのです。さて、火力発電所が大きなダメージを受けたというのは、意図的に震災からかなり時間を経てからチョロチョロっと報道されました。原発の事故を散々見せてからの遅~い発表、原発が事故って電力が足りないという印象付けができた後にチョロッと報道です。

「原発はいらない」

原発の存在理由を一つ一つよ~く見てみると、安価な電力>間違い。クリーンなエネルギー>間違い。電力不足>間違い。二酸化炭素を出さない>地球温暖化は二酸化炭素のせいではない=意味なし。

全て「作られたイメージ」それなのに、極めて危険な原発がなぜあるの???少しづつ分かって来ました。

なるほど、だから狭くて地震の多い日本にこんなに沢山の原発ができたのか!(もう少し詳しく調べます。)

 

全漁連・服部会長が怒りを込めて「全ての原発を即時停止しろ!」

全くもってその通り!農水産物に被害を受ける農民、漁民、僕らは明らかに今、怒りを表わさなくてはいけない。涼しい顔をしている場合ではない。他人ごとではない。どれほどの人が職を失い、将来に渡り不安にさいなまれ続けるのか。「全ての原発を即時停止しろ!」

 

テレビに出てくる大学教授には「OO大学OO学」なんてテロップは要らないから、「東電から年間OO円の研究費の援助をいただいてます」または「東電から一切研究費などの金銭の授受はありません」と書くか、少なくとも「原発推進派」「脱・反原発派」「政府直轄御用学者」などのテロップを付けて各派とも同人数の出演をいただきたい。 今のテレビ局じゃ無理も無理。

テレビ局(=新聞社)も「東電からもらっているCM費は年間OO億円」と公表して頂けるといろいろ判断しやすくなります。

今後、賠償問題の影響などで東電がTV局への広告費(1000億円以上と言われいる)を削減すれば、金の切れ目が縁の切れ目でTV局は真面目な東電批判をはじめるのでしょう。

 

・・・問題は原発にとどまらず、実は自分達ひとりひとりの生き方や考え方が問われていることが分かってきます。

 

(最後にニュース。どうして花粉情報は公表して放射能は非公表にするんでしょうね?)

東京電力福島第1原子力発電所の事故を受け、気象庁は国際原子力機関(IAEA)に報告している放射性物質の拡散予測の公表を5日からホームページで始めた。気象庁では震災発生の3月11日から計算を実施していたが、3週間以上公表していなかった。