2011年

3月

15日

意味はない

この地震は現代日本人への「天罰」と言ったのは石原都知事。ふがいない現政権への「天誅」「今からでも遅くはない、悔い改めれば救われる」とはインターネットの掲示板。

いえいえ、それは違います。地下のプレートが動いて、地震が起き、津波が起き、沢山の方が亡くなられたのです。

地震は、どこをどう捉えても人智など遠く及ばない単なる地球の地殻活動の筈なのに、それぞれの立場で都合のよい「意味付け」が始まってます。不安が不安を呼び、あやふやな情報と心情が絡み合って、現実や客観性はそっちのけでパニックが始まります。

「OO人が井戸に毒薬を投げ込んだ。」とは、関東大震災直後に信じられたデマ。「天罰」「天誅」・・冗談ではありません。情緒的になり過ぎると判断が麻痺してしまいます。気をつけよう。