2011年

1月

23日

イケ面

華僑新年会を後にし一人2次会に向かった先は名古屋は上前津にある「GROG」http://www.grok-life.com/「いつもお米のご注文を頂きありがとうございます!」そこに「明日からヒューストンへ出張です」というバルーン会社のH氏を呼び出し壮行会。GROG店主と東京福生ご出身のお姉さん、服飾デザイナーA氏とも仏教話で盛り上がり、A氏とは3次会で深いい話が出来ました。みんな頑張ってます。 

その後一人フラフラ新栄のBARへ、朝までやってるこのお店、オーナーが「山ちゃん、これから2,3軒つきあえ!」ということになって結局なんとブランチまでご一緒することに。

 

さて「ふ~ぅ、地下鉄乗って帰るか」とフラフラになりながら栄を歩いていると正面からもフラフラした足取りのおばあさん。私ともう少しですれ違う瞬間におばあさん前に向かって歩いていた筈が、急に体は正面に向いたまま横歩き???になるんですね。2歩3歩4歩・・「ムムム?なんだ?なんだ?」と思った瞬間におばあさんふ~っと気を失いかけて、とっさに差し出した私の両手をガッと強く掴んで一言「動かないで・・」「は、はい・・」

結局そのまま腕を放すことなく地下鉄の駅まで一緒に支えて、ホームに行って「もう大丈夫」とう所まで地下鉄に一緒に乗ってお送りしました。

 

2年前やはり名古屋の路上で目の前を歩いていたおばあさんが突然転んで「え~っ!!」・・「抱き起こして下さい」と言われるので見ると・・あり得ない!足首があさっての方向に・・「大丈夫、立てます!」と言い張るおばあさんを「いや~足首があり得ない方向に曲がってますので救急車を呼びます」と説得している間に人垣が。その中に「なんだなんだ?あんた何したんだ?」というあり得ない声が。その瞬間人垣が私を「えっ、あんたがこのお婆さんを突き倒したのか?」と言う雰囲気にガラリ。勘弁して~。救急車が来ても隊員に半ば犯人扱いの事情説明。

 

今回のおばさんも半ば気を失いかけていたのに重いバッグを抱えていらしたので「おばあちゃん、これお持ちしますからね」と言うと余程大金が入っていたからか?「・・・」バッグを持つ手に余計に力が入るので「大丈夫です、ここら辺はそこらじゅうに防犯カメラがあるので私が泥棒しても全部映ってますから、安心して下さい」と言うとフ~ッと力を抜いてもらうことが出来ました。地下鉄に彼女とバッグを抱えながら歩いていくと駅員さんが「んんんん?」怪しげなものを見るような視線を送って来ます。

ああ、丸刈りに髭面・・これがイケ面のカッコイイ男なら「お手伝いします」と他の人がもっと助けに来るんだろうなぁ。

神様、今度生まれ変わる時には超イケ面でお願いします。