2010年

8月

31日

「ガチッ!」「アアッ!」

稲刈り二日目、福地の5軒のお宅の田んぼを刈りました。暑い。実に暑いです。日差しだけでなく運転席の真下がエンジンになっていて、この暑い日差しに「暖房完備」茹でダコ状態。

稲刈り中は何も起こらない筈がなく、今日も今日とてコンバインで快調に稲刈り中「ガチッ!」またしても悪魔の衝撃音・・経験上こういう音がした時は間違いなくただでは済みません「アアッ!」

見れば田んぼの中に有ろう筈もない「太くて長い角材」が5本も落ちていて、コンバインの刈り刃がぁ~。コンバインは稲は刈るように出来ていても角材を刈るようには出来ていません。「刈り刃がぁ~高価な刈り刃がぁ~」ポキリと折れていました(涙)

この角材、夏の豪雨で川が氾濫して田んぼに流れ入ったものと判明、明朝一番に修理。さぁ~て、明日は何が起きるのでしょうか?

農業駆け出しの頃、もっと小さなコンバインでしたが、どうハンドルを切っても行きたい方向に曲がりません。コンバインはゴム製ですが戦車の様なキャタピラー(クローラーと呼びます)がついています。「おっかしいなぁ~・・」と後ろを振り向くと10メートル程後ろに右のキャタピラーが外れてゴロリと転がっていました。車で言えば車輪が外れていたのに気付かず走り続け曲がろうとしてたんですね。あの時ほどアゴがガック~ン!!!と外れそうになったことはありません(爆)いろいろ起きます・・

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    きゅーっん (火曜日, 31 8月 2010 20:28)

    なはは、いろいろありますなあ。私も稲刈りを始めた今日、なーんと5回も乾燥機がトラブルでさー。
    刈った籾を乾燥機に入れてると、「きゅーっん」ってストップ。籾をかきだし上から下まで調べれば、バケット(機械内で籾をすくい上げる部品)が、機械上部で出てきたさー。購入時のままの姿で出てきたさー。それで何年も動いてた…、信じられんようなことが、必ず起こるシーズン当初。そして、農業界。
    とてもとても大変なことなのに、こうして世間にさらりとお披露目できるくらいになったのだと、みょうちくりんな自画自賛でもしときましょかい!
    高楊枝くわえて「みーま」に寄る頃には、涼しくなってますやろ。

  • #2

    山ちゃん (火曜日, 31 8月 2010 23:38)

    きゅ~っんさんありがとうございます。
    なんですかそれは?聞いたことがありません・・
    いろいろ起きますなぁ。
    そうそう、何年か前だったらこんなことすら恥と思って言い出せなかったです。トラブラナイ秋はない。これが真実ですね。
    いよいよそちらも始まりましたね。
    機械が壊れるのは何とかなるけどお互いに怪我だけには気をつけてガンバランバ。
    こちらこのペースなら20日には完全に終わりそうです。