2015年

9月

10日

黄金色

ゆっくりゆっくり稲穂が黄金色になっていく。もう少しで目に飛び込むような黄金色。

雨は恨めしいけど、雨がなければ稲も人も生きていけない。

稲穂の黄金色は春からがんばってきた農民への天からのプレゼントかも知れないと思う時がある。

21回目の稲穂だけど、今年の稲穂はこれまで3本の指に入る美しさ。