2015年

7月

31日

ぎっくり腰実験

ほぼ定期的にやってくるぎっくり腰。西洋では「魔女の一撃」と言うそうだ。うまいこと言うもんだな~。

今回も田んぼで農作業中グギッ!!!「マズイ、ヤラカシタ・・」歩ける間に軽トラックまで辿り着かねば、野外で四つん這いコース。何とか軽トラに乗り込みホッと一息するも、予想通り今度は軽トラから降りられないっ。


さて、せっかく?ぎっくり腰になったんだから激痛だけじゃ割が合わない。私の場合通常決まってぎっくり腰一発=1週間寝込み+復帰に2週間と相場が決まっている。そこで、今回は自分なりにいろいろ実験をしてみることにした。「体は魂の入れ物だ」と捉えてみれば、腰が痛いのではなく脳が腰の痛みを産み出すはず。なら、脳をだましてしまえばいい。ひたすら「いやぁ~、ぎっくりになって勉強になりますわ~。いままでのぎっくり腰とは違います。ありがたや~」などと嘘でもいいから言ってみる。

嘘か真か?普通なら一週間寝込むところを2日目には仕事復帰できてる。確かに「痛い!!」でもこの痛み、折角だからもうちょっとじっくり実験してみようと思う。