2015年

7月

14日

映画「あん」

ここ半年、私が一番興味を持っている場所は埼玉だったか、ハンセン病資料館。


映画「あん」意外にいい映画でした。

何度も泣いてしまいました。


それもそのはず。

カメラアングルは最初から最後まで何を撮るのもオーバーフレーム+手振れ感覚、一歩も二歩も人物に踏み込む映像で観客の客観性や冷静さを奪っていきます。


個人的には久しぶりの永瀬正敏がよかったです。


おススメできるいい映画です。

どうぞ。