2015年

5月

12日

外国製代車来たる

き、きたぁ~!

我が社のトラクターは後輪がもげそうになって長期入院。

これでは田植えができないばかりか、田んぼの代かきもできないので「万事休すか」と途方に暮れていたら、またまた農機具屋さんのご厚意により早速代車がやってきた。


これが凄い。

フランスのマッセイファーガソン製、しかも新車、主に北海道の広大な大地で使われている押しも押されぬ有名大型トラクター。クボタとかヤンマーなんてマッセイファーガソンに比べればどんなに大きくてもオモチャ。ドイツのフェンド社に並ぶ世界の一流トラクターメーカーなのです。ちなみにアメリカのジョンディア社はデカイが機械的には古臭く日本では使い勝手が悪い。


さて、この代車、68馬力800万円以上の私にとっては超大型トラクターながら、マッセイ社では2番目に小さいタイプ。ところが我が社のトラクターに比べると2周りも3周りもとにかくデカイ。

「ウハッッ!こんなデカイの使ったことない!果たして私に運転できるのだろうか。。」ありがたいけど不安にもなる。


試乗車ながら、信じられないことに、期限なし&どれだけ使っても構わない&使用はタダ&買わなくてもいい(デカ過ぎて間違いなく買えない)。ちょっとあり得ない不思議な農機具屋さんのお蔭です。

さて、折角の機会なので見聞を広めさせていただきましょう。