2015年

3月

30日

「国会議員を精神分析する」

今読んでる本です。

「国会議員を精神分析する」水島広子著

副題は「ヘンな人たちが」が生き残る理由。


どうしてこんな政治になっちゃうの!?どうしてこんな選挙になっちゃうの!?

不思議でたまらないことばかりですが、ははぁ~ん、こりゃ理解できないはずです。


当然のことながら、私と国会議員になる人とでは精神構造がまるっきり違う!!=理解できるはずがない、ということがよ~~くわかる本です。

県会議員も町会議員も大部分はこの精神構造だと思われ、とてもじゃないけど恥ずかしくて私は議員さんにはなれましぇん。