お城の電話ボックス

天下人徳川家康の産まれた岡崎城の、これ、公衆電話ボックス。

ところで、徳川家康替え玉説をご存知だろうか?

徳川家康は3歳から18歳まで織田と今川の人質だったが、駿河の今川家の人質時代に殺されてその後の家康は替え玉だったという説。

この説の根拠は、生まれた岡崎城に成人してから一度も帰らなかったことによる。地元に帰って替え玉の正体を見破られないために岡崎城に帰らなかったのではないかと言われている。

本当に家康は一度も岡崎城に帰らなかったのか確認してないけれど、個人的には凌ぎを削る戦国時代に18歳までの長きに渡って人質の立場だった人物が天下人になれるのかという疑問は残る。