2015年

2月

20日

日本チャチャチャ

パンパン真っ黒に膨らんだ生地に生ハム。これがピザとは。(中は空洞)

間違いなく日本は飽食の時代。世界中の食材が安価に手に入り、僕らは豊かさを享受している。一度獲得した豊かさは、戦乱など突拍子もないことが起きない限り決して逆戻りすることはない。自給自足を、自然農を、昔回帰をと、標榜したところで僕らは車に乗り飛行機に乗る。食料自給率なんて農水省の予算確保のお題目と見破れば、残念ながら??国産の食料が例え0%になったって、日本の国は飢えることはないだろう。いや、飢えない方がいいに決まっている。食料自給率が0%になれば、いやでも諸外国との関係は重要かつ友好的にならざるを得ない。日本や国際平和のためにはそれもアリなのかもしれないと自嘲したくなる時がある。

いや、大丈夫。農民には農民の存在意義がしかとある。