2014年

9月

21日

稲刈り後半戦に突入

20年間で一番の天気の悪い年。

よくもまぁ、毎日毎日いろんなトラブルや試練が起こること起こること。

受難でなく柔軟でないと農業はできないなぁ。

 

負傷入院していた20年来の友、フォークリフトがやっと帰ってきた。

 

「トラブルや試練が自分を鍛えてくれている」などとワザワザ自分に言い聞かせる必要もないほど、確実にこの秋は自分は強くなっている。

 

「動く、考える、攻める、待つ。」風林火山か・・

稲刈りはどこか将棋にも似ている。

 

台風も接近中、さて、どうする。

自然が相手とは、そういうことだ。いよいよおもしろくなってきた。