2014年

7月

22日

何回目だい?

今年も無事に稲穂が出てくれました。

一番手は「たかやまもち」

風に吹かれながらチラチラと白く見えるのが稲穂の花です。

私にとっては20年目、ユースケにとっては2年目の風景、稲にとっては何千年も一年も休むことなく続いてきた営み。

所詮短い一生の人間がかなう相手ではないです。

全てが完璧。