2014年

5月

26日

ネルソン・マンデラ釈放の真実

公開中の映画「ネルソン・マンデラ釈放の真実」

南アフリカで27年間の逮捕拘留、そして大統領、アパルトヘイトを撤廃した人物の半生記。

 

私の最初の就職先は警視庁。反原発デモやマンデラをはじめ民衆運動やデモを監視する官憲側にいたので、少しみんなとは映画の見え方が違うと思う。

原発事故以来2~3度首相官邸前や代々木の反原発デモに顔を出してはみたものの、デモに対してどうにもシックリしない違和感は、前職に弓引く行為という感覚的なものだけではなくもっと複雑。

 

アパルトヘイト撤廃やマンデラ氏の釈放は、丁度私が大学生から社会人になった頃盛んに報道されていてちょっとした社会的ブームだった。(結果オーライなら社会的ムーブでなくてもブームでもOKだと思う)

アパルトヘイトやマンデラ釈放に国際的世論を巻き起こした「アムネスティ」の活動も、その頃今より盛んだった気がする。

警察に入ってから、「アムネスティー」すらも警察の要注意団体にリストアップされていたことに驚いたのを覚えている。

 

「アムネスティインターナショナル」をご存知ない方は、是非こちらをどうぞhttp://www.amnesty.or.jp/

・・というか、ひょっとして若い世代はマンデラ氏のことも知らないかもね・・(泣