2014年

5月

23日

いのち

 

大飯原発差し止め判決文が、あまりに名文でしたのでここに一部を抜粋します。 

 

「極めて多数の人の生存そのものに関わる権利と、電気代の高い低いの問題などとを並べて論じるような議論に加わること自体、法的には許されない。」 

 

「たとえ原発の運転停止によって多額の貿易赤字が出るとしても、これを国富の流出や喪失というべきではない。豊かな国土とそこに国民が根を下ろして生活していることが国富で、これを取り戻すことができなくなることが国富の喪失となる。」 

 

「福島原発事故は我が国始まって以来最大の公害、環境汚染だ。二酸化炭素削減に資して環境問題を運転継続の根拠にすることは、甚だしい筋違いだ。」

 

・・・・原発裁判は、今までだと上級審で逆転、住民敗訴となるがパターンだけど、まともな裁判官が日本に居てくれたということがわかっただけでも嬉しい。写真はこの判決の裁判長。