2014年

2月

09日

~世界の圃場から~

旅の必須アイテム「田んぼ長靴」。

その出番はちゃんとやってきました♪農民ユースケ、インドネシアでの田植えデビュー☆

 

出会った農民は3人組。「田植え専門」!?のプロ集団との事。話によるとバリ島では「田植え」「稲刈り」など、各作業によって雇われるプロは別らしい。しかも・・彼らは海を越えジャワ島から出稼ぎにやって来た方々。「バリ島」で田植えをする「3人のジャワ人」と「1人の日本人」全員がバリ人でナイ・・。一見のどかで、なんともシュールな風景。コレも世界の田んぼ事情のリアルな一端。

田植えに参加した数時間後、通り掛かった別の村では「稲刈り」の真っ最中~!

年に2~3回お米を収穫できるバリでは、ごく日常の風景。

 

 山ちゃん:「この田んぼ植え終わったら、向こうの田んぼ刈に行くぞ~」

 ユースケ:「了解でーす」

 

ハイランズ バリ支部 では、こんな会話もあり得えるのでアリマス。(ユースケ)