2013年

12月

13日

僕の〇〇〇を鷲掴みするエロオバサン

エロイなぁ~卑猥だなぁ~淫靡だなぁ~萩原アンナ著「えろたま」

ざっと目次を見ても「セックスで発電」とか「下のお口で」とか「鼓膜と処女膜」とか「愛しのメス豚」とか「少年よ精子を抱け」「無痛喪失」「毛の生える場所」などなど、その他とてもブログでは紹介できないような題名がズラリな赤裸々爆笑エッセイ集。

エロイなぁ~卑猥だなぁ~淫靡なオバサンだなぁ~萩原アンナ、私の10歳年上57歳。

 

でもね、ここでカマトトぶって「お下劣ね」と思ったあなたは負けです。

 

彼女、アメリカ人の父、母は画家、関東圏なら知らぬ人はいないお嬢様学校・フェリス女学院高校~慶應義塾大学~フランスパリ第4大学~慶應義塾大学教授~芥川賞受賞をはじめ有名文学賞総なめというアカデミックな文学者で、エロとは真逆。間違いなく上流エリートの華麗で完璧な経歴の持ち主。なのにどうして赤ひげ薬局・・。こんなにギャップのある人見たことない。

思わず吹き出してしまう彼女の独特なセンス+落語にも造詣が深いから、オチもオモロイおばさんときたものだ。

僕の粗末な〇〇〇も、出会い頭に鷲掴みされた気分です。

あ、〇〇〇って「ハート」ですので誤解なく。

 

エロイなぁ~卑猥だなぁ~淫靡だなぁ~一緒に飲みたいな~萩原アンナ、お勧めです。