2013年

12月

07日

きまぐれ暦

SF作家で名高い、星新一のエッセイ集。

注目は「米の飯」という1編!

「米飯の食事だと、おかわりをしてしまう」「高級フランス料理よりもお茶漬けが好きだ」さらには、日本が大昔より「米」を中心とする社会だったのや、武士の給料が「米」だった事など「米の味のすばらしさ」に、その原因があるのではないか?とまで書かれている。

「カネのウマミ」の現代デスガ「お米(食物)の旨味」食料の大切さも日々感じる、農民2年生でゴザイマス。感謝。(ユースケ)