2013年

11月

26日

作られる「危ない」感覚

年々凶悪犯罪が増え続けどんどん危ない世の中になってるなぁ。危ない危ない!何とも言えぬ恐怖感や不安感が世の中を覆ってますよね。

さて、このグラフは殺人件数の推移です。

実際にはグラフの通り、戦後から凶悪事件・殺人事件の件数はず~~~っと減り続けているんです。エッと思われるかもしえませんが、これは警察庁の発表している数字で、人口比で言うと殺人件数はなんとピーク時の6分の1まで減り続けてます。6分の1。

 

変ですね。安全になってるなんて実感がないですね。どんどん危ない世の中になっている気がしますよね。でもね、このグラフが実際の実態なんです。

そう、危ない!という感覚は意図的に作られた雰囲気や実感。危ない世の中なんていとも簡単に演出できるんですね。あなたの「危ない」という感覚はどれくらい情報に操作されてますか?

いやいや、子供が犯罪に巻き込まれる件数は増えてるでしょと思われる方にはこちらをどうぞhttp://image.search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&fr=sb-kingbrw1&p=%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BB%B6%E6%95%B0#mode%3Ddetail%26index%3D74%26st%3D2557

そうは言っても子供が親を殺すとか、親族殺人は増えてるでしょと思われている方、やっぱり同じ、減り続けてるんです。他の刑事事件もほぼ同様。