2013年

9月

14日

いや~な予感

どうやら私には①海外にいる(行く)時、②超多忙な稲刈り時期限定で、普段にはない第六感が働くみたいなのです。

海外の場合、渡航前や行ってからの朝「ムムム、嫌な予感がするなぁ~」と感じてると相当高い確率で目の前で事故や傷害事件に遭遇します。もっともヤバかったのは、中国雲南省で乗っていた車が交通事故を起こし、車が横転して「ヤバババ!!」。この時は渡航前から「いや~な」予感がずっとしていました。その前日も目の前で交通事故に遭遇して「嫌な予感は、このことだったのか・・」と思いましたが、「いや~な」予感は消えてくれません。翌日の自分の車の横倒し事故のことだったのですね。その日を境に「いや~な」予感は消えてくれました。
さて、もう何年前からでしょうか、稲刈りの時期には「いや~な」予感がすると、これもかなり高い確率でその日のうちに大事なコンバインや施設の機械が壊れます。昨日の朝も、縁起でもないからユースケにも内緒でしたが、その、あの、何とも言葉にできない「いや~な」予感がするではないですか。

案の定、その夕方壊れるはずのないコンバインの野太い鉄の部品がボキッと折れて万事休す。村の方々は今か今かと稲刈りを待っているのに~。「ああ、今回も第六感が的中かよ。。」一杯一杯の作業予定が全~部吹き飛んだのですが、何より人が怪我しなくてラッキーでした。