2013年

7月

08日

マレーシアの農園で人生をぶつける日本人商社マン。

ラオスで人生をぶつける日本人スタッフ。

ペナンのバーで出会った分厚い札束を握る優秀なインド人。

早朝のストリートで私に抱きつき、20分間も泣き続けてる酔っ払ったイスラム教徒の若者。

灌漑や用水路がないラオスの田んぼ。水牛。

灌漑がバッチリな一枚数ヘクタールの田んぼが広がる広大な水田地帯。

夜道で面白い話をポンポン聞かせてくれた、週に8日働いているというシンガポール人。

ラオス灌漑用水のカラクリを熱く語り、農業へのヒントを導き出した漁協出身のコンサル氏。

人情に篤い日本人社長。

何が起きても困難に動じない日本人。

マレーで一緒に稲刈りしたミャンマー人。ラオスでの田植え。

日が昇ってるのに、もう一杯行くぞ~!と肩を組んで来た、あんたは日本人の酔っぱらいか?マレーのバーの店主。

鋭い質問の連続で私を窮地に追いやり、鞭撻いただいた国際コンサル氏。

中国語とマレー語、英語を駆使して精一杯生きてる日本人。

ラオスで汗ダラダラかきながら塩水選をする将来有望な日本人青年。

毎日トンデモ道の長距離高速運転をやり遂げた根性ラオス人。

親の反対を押し切り、ラオスで生き生き仕事しているタイ出身の若い女性。

バンコク裏路地の安宿に出稼ぎ来て初日の田舎の一家4人。

バンコクに日本のラーメン屋を数店舗出店し、更に上を目指す鼻息荒い若いタイ女性経営者。

財テクに長けてキラキラしているラオス人女性。

後進国ラオスにもかかわらず、最新精米技術を導入し輸出に励む中国人青年経営者。

有名会社を辞め、ラオスで生き生き活動される青年海外協力隊員。

ラオス農業局職員。

大きな政治力と金を持った政府機関の職員。

嫌な顔一つせず、驚く程熱心に商品説明をしてくれたマレーシアの農薬店中国人夫婦。

ホテル前で必ず何時間か長話して人生を語り合ったインド人。

一晩中、会社の金で何杯もビールをおごってくれた中国人。

ラオス現地の田んぼを見るのに川を泳いで渡る日本人農民。

メコン川往復3kmを泳ぎ切り、畏敬の念を持ってドラゴンと呼ばれる日本人シェフ。

愛知学院大を卒業し、恐ろしい数のリフトや建機を日本から輸入販売しているガッツリ儲けてるマレーシア中国人若社長、妻は日本人。

何度も経験した会議テーブル。

日本人の誠実さ、粘り強さ、勤勉さ。

留守を見事に守ってくれたユースケ。

人。