2012年

12月

30日

テーマ

今年の私のテーマは「どっちでもいい」でした。

これは、けっして投げやりな意味ではなく、もちょっと正確に言えば「どっちに転がってもOK」と言う意味です。

 

般若心経から学んだ大事なことの一つに「何事も思い通りにいかない」があります。

思い通りに行かせようとすれば、その思いが強ければ強いほどジレンマや悩みも強くなります。

「どっちでもいい」とは、思い通りに行っても行かなくても、うまくいってもうまくいかなくても、ちゃんと受け入れる、受け入れられるということ。

「思い通りに行く」ことは百か千に一つくらい、「思い通りに行かないことが普通なのだ」と一旦覚悟してしまえば、軽くなるし、世の中やたら怖いことは起こりません(笑)

 

原発再稼働や戦争について、最右翼とも言える自民党圧勝で終わった今年の選挙。自分自身さぞ憤るかと思いきや「さもありなん。さもありなん。」これもひとつの民意。

原発が再稼働しようと、戦争の危険性が高まろうと「自分は自分の手の届く人たちを守れる存在でありたい」ことに何一つ変わりはありません。だとすれば「どっちでもいい」

 

みなさんの一年はどうでしたか。