2012年

11月

12日

「うつ」医療現場の裏側

「ドクター、「うつ」のホントの話、しちゃってもいいですか?」臨床心理士・伊藤秀成著・自由国民社刊

知られざる「うつ病」に関する医療制度と精神科医の裏側を、軽快ではありますが半ば内部告発的な内容で語っています。「なんといい加減な医療現場・・」「なるほど、これで辻褄が合う」私は幸か不幸か精神科医とはお会いしたことがありませんが、イメージでなんとなくボヨンボヨンしていた感覚が、あながち間違っていなかったことに気付かせてくれます。

誰にでも起こりうる「うつ」著者のちょっと若過ぎる文章も散見されますが、誰にでも分かり易く「うつ」を語っていますので勉強になります。