2012年

10月

02日

嗚呼、あなたの輝きが眩しい

新米の精米は心もウキウキ。

新米の独特な新鮮な香りをかぎながら、白米のフレッシュな光沢を眺めながらの精米作業はゼイタクな気持ちにさえなってきます。「あ~幸せ♥あ~早くこの香りを♥あ~早くこの輝きを♥あ~早くこの新鮮な味わいをお届けしたいっ!♥」

山ちゃんの今年の新米、ご注文お待ちしています!!