2012年

7月

23日

一番穂

一番穂が出てきました。これは酒米・五百万石の穂です。これから10日ほどの期間に、五百万石~たかやまもち~ミルキークィーン~コシヒカリ~古代米黒米の順番で続々と穂を出し始めます。やって来ました、稲達の出産ラッシュ。ウキウキワクワク。

 

誰も教えてないのに、時期が来たら、ちゃんと茎の中で穂を作って、穂を出し、受粉し、実を稔らせ、次世代に命をつなごうとします。

脳も筋肉も内臓もないのに、一体どこでそんなメカニズムを司っているのか?すごいなぁ~すごいなぁ~あんた達は一体どうなってるの?と感心しきりです。

 

稲は人間が育てるのではない、生育を人間の都合でコントロールしようとする栽培技術や栽培書には随分前から違和感を覚えてました。

人間は、ただただ、その成長の邪魔をしないように、ありがとう、ありがとう。農業は他の職種にはない楽しさが一杯~。