2012年

6月

14日

冴えわたる高度な政治的ジョーク「国民生活を守るために原発再稼働の判断をしました」

中日新聞(6/14)野田総理と原発再稼働発言について

 

「首相の話は地震国日本にある原発そのもの」田中優子(法政大学教授)

「手がつけられない洗濯機のカビ」松本哉(リサイクルショップ店主)

「フクシマの経験から何も学んでいない」玄侑宗久(福島県僧侶)

「国のため国民を犠牲にする決断」柄谷行人(文芸評論家)

「学生のリポートなら0点。ひどい」内田樹(神戸女学院大名誉教授)

「原発中毒。国民に対する恫喝だ」宮崎学(作家)

「電力会社の広告塔。しゃべる人形」高村薫(作家)

「ドジョウに失礼だ謝れ。世紀の愚相」山田正隆(農民・番外)

 

ああん?どうやって「責任」を取るのだ?政治家を辞めるくらいでは許されない。一族郎党の資財を全て没収しても意味なし。腹切って死んでもらってもまるで足りない。「責任を持って再稼働の判断をする」ってまた事故ったら一体全体あなたはどうやって責任を取るつもりなのだ?第一、福島原発事故で誰一人責任とってないではないか。責任なんかとれっこない。

総理大臣とはこのようにレベルの低い職なのか、それともこのようにレベルが低い人だからこそ総理大臣になれたのか?これは国家がらみの壮大な冗談に違いない。簡単に言えば国民はやられ損。これまでもずっと、これからもずっとやられ損だが、この世紀の愚総理大臣はいずれ歴史に裁かれることに。哀れの一言。