2012年

3月

14日

WAR HORSE

映画「戦火の馬」スピルバーグ。わたくし馬を飼っていますので。

2時間半の映画は展開がとても上手く1時間ぐらいにしか感じません。

 

第一次世界大戦でイギリスだけでも軍用馬として徴用された馬は100万頭とも200万頭とも言われます。馬は文句を言わない。大陸からイギリス軍が引き上げるときにはそのほとんどが遺棄されるか馬肉として売却。同じく日本も満州に数十万頭の軍用馬を出征させ、やはりほぼすべての馬が再び日本に戻ることはなかった。馬は文句を言わない。

突撃したり重い大砲を無理やり引かされたり、出てくる馬出てくる馬がうちの「うらら」とダブって仕方ない。。「うらら~!!!」と何度も叫びたくなる。