2011年

11月

10日

一目惚れ

普通は「招き猫」です。実は私は大の猫苦手。小さい時に何があったのか猫だけは本当にどうしてもダメで視界に入っただけで体が固まります。招き猫ですら私にとって恐ろしい動物の化身なのです。

そこで!珍しいでしょ「招きキツネ」です。かなり気に入っています。お稲荷さん(キツネ)は元々お米の守り神です。現在のお稲荷信仰はお米の神様が長い年月を経て商売の神様に変身したものです。

この一対のおキツネさんはもう十年以上前に長崎・島原のアーケード商店街、とあるひなびた呉服屋さんの棚に埃をかぶっていました。なぜ一人でふらりと呉服屋さんに入ったのかは思い出せません。

「可愛くって面白い!何と言っても猫じゃないところが素晴らしいっ!」と一目ぼれして我が家の商売の神様になっていただくべく買い求めました。

思い返せば確か値札はありませんでした。ご店主の言い値で分けていただいた覚えがあります。今から思えばひょっとして売り物ではなかった?

その呉服屋さん、それから程なく一年後には廃業閉店されました。あのタイミングでしか出会えなかったわけですが、商売の神さまにしてはその呉服屋さんあんまり繁盛してなかったような・・。

でも、私が買い求めておキツネさんがいなくなった呉服屋さんは廃業された訳で、やはり。。。