2011年

10月

02日

80歳

私が農業を始めてから17年間、長きに渡って農作業をご一緒させていただいた親愛なる「教授」が3日午前2時に亡くなられました。

ご家族からご連絡を頂き、最後の日には数時間病室で一緒に過ごすことができました。「教授、本当にこれまでありがとうございました。」

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    酒井勇治 (水曜日, 05 10月 2011 21:58)

    教授には稲作研修の時、作業の事でいろいろ教えていただいた思い出があります。テキパキ作業をされ、当時の自分は教授のスピードに全然ついていけませんでした。
    週末農をはじめ、田植えの頃、収穫の頃には必ずお見かけしていた教授にもうお目にかかれないと思うとすごく淋しいです。
    教授のご冥福を心よりお祈り申し上げます。