2011年

8月

28日

放射能汚染米がないことを祈って

毎日雨が降り、毎日イノシシが田んぼを荒らし回る、トホホな今日この頃です。1万ボルトの電柵も畦に置いた大音量のラジオもモノともせず田んぼに侵入するスーパーイノシシ。どんな神経をしているのか君たちは・・・

週刊金曜日は「放射能とコメ」先日大阪の電子科学研究所で講義受けた後は、知識も理解度もずっと上がりました。

既に測定を開始している私の個人的な見解では、騒がれているほど米から高い放射能は出ないのではないかと思います。でも放射能は五感で感じられないので、生産者として「多分安全、多分大丈夫」とは言いたくないし、それではお客さんに対して無責任な気がします。

自分のお米がどういう状態なのか、どんなお米をお客さんに届けるのか私ならしっかり知りたい。この秋は収穫したらすぐに放射能測定をして、不検出ならば今まで通り胸を張って「どうぞ!」とお客さんにお届けしたいです。

そんな気持ちで立ち上げた放射線測定センターはこちらですhttp://sokutei.jimdo.com/ 

同じように自信を持って商品をお届けしたいと願う生産者や小売りの方に利用して頂ければ嬉しい限りです。