2011年

6月

24日

スゴイ方

3日連続のお米の検査員研修in名古屋港港湾会館。

知らない者同士が何日も机を並べて勉強してるから仲間意識も芽生え、夕方までの研修が終わると「名古屋泊組」は夜の街に繰り出すことになります。

18万円の研修費は高いけど、夜の会にみんなから知らないいろんな情報を教えてもらったり、意見や考え方を交換できるのは本当に貴重な機会です。

実に楽しいです!

 

昨晩は下呂市から参加しているF氏と夜の自主研修会(飲み歩き)

そこに遅れて養老のS氏I氏が加わり、更に名古屋の都市計画コンサルタントのK氏と同じくコンサルのY氏が御参戦、非常に楽しい6人の組み合わせになりました。みんなスゴイ方です。

K氏、いつも気に掛けて下さりありがとうございます。

 

あまりに楽しくてついつい話し込んでいると「うわっ!もう朝じゃん!!!」

楽しいけれど、体力も軍資金も睡眠時間もミルミル減っていく~明日の夜の自主研修まで持つかいなぁ・・

 

それにしても、昼の研修で出てきた岐阜県選択銘柄「内助の功」・・わたし、岐阜県で17年間お米作っていますが、これまでにこんな品種名は見たことも聞いたこともありません。岐阜の大きな米穀店さんも誰も全く知らない存在です。これが岐阜県の公認銘柄??

誰一人として知らない「内助の功」って・・ウ~ン・・言葉の響きも見た感じも・・う~ん・・この品種名で奥様方はお米を買いたくなるのだろうか?思わず唸ってしまいます。

「内助の功」・・逆に何かハズレタ感を出してアピールしようとしたのでしょうか、なにかとても不思議なモノを見た感じです。

見たことがある・食べたことがあるというスゴイ方は、ぜひご一報下さい(笑