2011年

5月

31日

知らぬが仏

右は「日本の原子力施設全データ」講談社、左は「日本の原発」新潮社。どちらも日本の原発情報が網羅されています。

安全対策がしっかりしたら原発運転再開などどの意見がありますが、この本を読むと「原発の歴史は事故と情報隠蔽・改竄の歴史だ」と言うことが理解できます。どちらの本にも分かりやすく以前からの原発のトラブルや隠蔽・改竄事象が数知れず載っています。

知らぬが仏。原発の事故は水面下でず~っと頻発していた訳です。本によると、かろうじて事故が起きていないのは日本中の原発で関電の高浜原発のみ。高浜原発だけが「無事これ名馬」などと呼ばれています。裏を返せば他があまりにも無事でないと言うことです。

私達がイメージしてしまう原発の安全なんて元から無かった訳で、大体、人間がやるどんな原発施設の補強工事も自然の巨大なパワー、地震にかなう筈が無いということは、ちょっと想像力を働かせれば明明白白です。

それを今回の地震と津波、被災地や多くの被災者や死亡・行方不明者が教えてくれているのに「補強工事をすれば全国の原発が地震や津波にも安全」なんて、そんな理屈を信じちゃうとしたら、私達は何も学んでないことになります。

それでは、あんまりじゃないですか。