2011年

4月

25日

炎上しないブログ

大学ホッケー部の同級生Y「山田のブログは報道のタブーだから気をつけろよ。ブログが炎上しないか心配だ。」別の同級生T「山田、あんまり過激になるなよ。」

大丈夫!脅迫や妨害はありません(笑)し、私は反原発運動家ではありませんし支持政党もなし。このブログ、炎上するほどのアクセス数もなければ影響力もありません(ちょっと涙)。私の背後を調べていただいても何ら政治的背景も国際的シンジケートの影もありません。

ついでに元警視庁警察官。今では信じられませんが、デモを規制する側にいたんですね~。中にいたことがあるから、権力側の怖さはよ~く知っております。・・って何でこんな言い訳しなきゃいけないのか自体が変ですね。

でも、もし私が会社員だったらこんな原発関連のブログは書けなかったかも知れませんね。もし部下がこんなブログ書いてたら、「お前、営業に影響するから内容を変えろ」って指示を出してたかも知れません。

 

原発関連の本を読んでると毎日知らなかった事実を知ることになります。

知れば知るほど「ウソでしょ!」という事実がボコボコと出てきて、問題がつながって、拡がっていきます。私の頭の中ではもう随分前から原発問題は単に原発問題ではなく、横にも縦にも通じる人間の問題だと気付いてしまってます。

ブログを読んで下さっている方も「重い」ですよね~。内容を一応理解した上で書いてる私も「重く」暗澹たる気持ちになります。でも、原発で避難している人や現地の農業者、施設内で作業している人達に比べて何と「軽い重さ」でしょう。

それくらいは私にも引き受けられます。

それくらいしか引き受けられない。

まだまだ余裕あり。

「こんなことぐらい考えられずに農民が務まるかいっ!」ってなもんです。うらら牧場桜咲く。