2011年

3月

17日

正体

1000年に一度の未曽有の大災害からわずか6日目にしてある時間帯のTV、震災のニュースはNHKだけで、早速お笑い芸人がゲ~ラゲラ、商魂逞しくTVショッピング。こんなの「日本は大丈夫か?」と心から心配して連絡をくれる海外の友人達には恥ずかしくてとても見せられません。

多くの被災者、原発は燃え続け、何一つ問題は解決していないばかりか、ますます現実は切迫していると言うのに。 

日頃から自称ジャーナリストが「報道とは~」と偉そうに語ってみたところで、だからいつも彼らには説得力がない。

55万人とも言われる多くの被災者やその方々を心配しているそれ以上多くの人達、放射能と闘っている方々、必死に避難所や病院で働いている方々、遠く海外から援助に来られた方々、物資の輸送その他のボランティアの方々がこんなゲラゲラ番組を見たら一体どう思うだろう?

まだ沢山のご遺体も収容できていない。

この時期に「笑って免疫力を上げましょう」とでもいうのか? 

原発がヤバイ、日本がヤバイと散々煽っておいて、今晩はまるで民放各局が話し合ったかのように「横並びで一斉に」お笑い芸人ゲ~ラゲラって・・この国のメディアは狂ってしまってます。メディア?それとも私達?いや、私?の感覚はそれを許容できるほど麻痺してしまったのだろうか。

「飢えた世界の子供たちに愛の募金を!」とやっておいて、次の日には多くのタレントを使って「大食い早食い選手権」肉やお米を口一杯に粗末に浪費するTVのことだから腹を立てる方がオカシイのか。

それを見て何とも思わなくなる私はどこまで馬鹿になっていくのか!

 テレビ同様、不特定多数の方が見るブログやネットで他者(権力を除く)を批判すること程「程度の低い残念な行為はない」と気を付けているつもりでいますが、今日のTVの程度の低さは本当に辛かった。

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    ひさし (金曜日, 18 3月 2011 16:44)

    いつもお世話になっております。
    お米をお願いしている愛知のMです。
    さて、ほんの数日前までは(その始まりは数十年前)、「原発反対!」と唱えると、「アイツは、赤だ!」とレッテルを貼られたものですが、なんと、谷垣さんから方向転換の言葉を聞こうとは・・・
    ま、彼らも、人の揚げ足を取ることよりも、立ち止まって考えることを、本当に考え出したのならば良いことだと思います。

  • #2

    山ちゃんの (金曜日, 18 3月 2011 23:12)

    ひさしさん、いつもありがとうございます。
    もうずいぶん前のことになりますが、電力会社の人と話をしていた時「反原発の人達は狂っているからな~」と言われていたのを思い出します。田舎はいい所ですが価値観がどうしても狭くなります。それらしい違う行動や考え方には「赤がかっている」または「かかっている」と表現されます。私は警察官出身ですので警察学校では反共の教えを受けてやはり理屈ではないアレルギーがあります。私は東電を思いっきり批判することができません。なぜなら反原発に関しても何もして来なかったからです。東電を責めるのは簡単なことだけど、では今まで自分は何をしてきたかと問うと、こんなになってしまうと、とても恥ずかしい気がしてきます。