2011年

2月

19日

哲さん

中村哲氏ペシャワール会代表・医師・クリスチャン・混迷のアフガニスタンに水路を引き大地を緑に変える、私の尊敬する本物。 http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/

かつて彼の講演会でドサクサに紛れて握手してもらったことがあります。彼の前ではどんな地位や名誉がある人も巷でスゴイと言われている人もかすんで見えます。

ちょっといないです、こんな「本物」

 

今日は瑞浪のウイークエンド百姓学校http://we100.jimdo.com/で稲作の講師をしてきました。百姓がしたいと集まって来る所ですので非常に個性的なメンバーが集まります。

夜は「マルホウ呉服」さんに頼んであった浴衣を取りに。丁度展示会をされていて、着物という芸術品の数々を生まれて初めて拝見しました。着物、スゴッ。私は初めて浴衣に角帯を締めてご満悦。

どうして今の時期に浴衣かと言うと・・冬でも夏の台湾か雲南省で着るつもりです。特に雲南は25の少数民族が暮らしています。「私は日本人」と自己紹介すると「日本人は何族だ?」と聞き返される土地柄です。彼らが見たこともない日本の浴衣にどう反応するのか楽しみです。反応が良かったらマルホウ呉服店海外進出の足掛かりにしてしまいます(笑)。

浴衣を着て、日本茶、餅、山ちゃんオリジナルTシャツなどを雲南の路上に並べ試飲試食、万一調子が良ければ試販売して、どんな反応になるのか見てみるのもよし。着ている浴衣も高値で売ってしまおう(爆)「営業許可はあるのか?」と警察官が取り締まりに来たら「お待ちしてました」と売り上げは差し上げ「実は私も元警察官、一緒にメシでも行きましょう」と仲良くなるつもりです。ふふ・・楽しみ。