2011年

1月

18日

やり手

慌ててパスポートの発給申請に行きました。申請に16000円(泣)。証明写真は町中によくある証明写真撮影ボックスで700円。ところが係の方に証明写真を提出すると写真が赤みががっていると却下、撮り直し。「え~っ、700円が無駄じゃん!で、撮り直しはどこで(怒)!?」と聞くと、廊下すぐの所に写真屋のおばさんが・・中国の遊園地みたいにニコニコちゃ~んと控えているのですね~「いらっしゃ~い。」待ってましたっとばかりに更に1200円也。  前に並んでいた人が「あなたもですか!?一体どういうことなんだ(怒)!」と私に声をかけてきます。お互いに顔を見合わせて「ったく!」

一瞬の写真撮影に「ありがとうね~」というおばちゃんの声。  「むむむむ・・」「この写真屋のおばちゃんは一日で何人の撮り直し写真を撮っているのだろう?これはとんでもなくいい商売ではないかぁ~!」と思って振り返ると、おばちゃん忙しそうに次の人の撮影に取り掛かってました(爆)証明写真要注意。 c70

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Dr.ストップ (水曜日, 19 1月 2011 08:45)

    赤みがかった写真は捨てないで旅行中の予備にご持参ください。10年後には忘れているかもしれませんが、自宅で白いシーツをバックにデジカメで撮影し、顔の寸法に注意して自分でプリントアウトされたらいかがですか?前科ウン犯みたいな顔にならないからいいのでは?????