2011年

1月

12日

エスキモーは何語で話す?

今日も一日昼間も氷点下の仕事場で、エスキモーの様な防寒姿で誰とも会わずに黙々と精米。「一人で仕事をするって寂しくないですか?」と聞かれることがあるけど、寂しいと感じたことは今まで一度もアリマセン。

休憩には凍えながら「英会話キーワード100」と「中国語・初級から中級にステップアップする34の文法ルール」でナンチャッテお勉強。

英会話は留学していた20年前はアメリカ人を前にプレゼンしていた(信じられない!)のに、今や見る影もなしの日常会話レベル。

中国語はまさに初級の壁が破れない気合だけの会話。時間に余裕のある冬に何とかレベルアップ図りたいと考えてます。

「農民なのに外国語ぉ~?」と聞かれることがしばしばあります。いえいえ、農業も一産業。グローバル化の波は避けられません。もう既に日本人全員が随分前から国際化の恩恵にあずかっています。現実的には農業だけ情緒的に国際化はいいだの・悪いだのと語り合うタイミングはとっくに過ぎてしまっていて、農民も外国語で交渉する時が来る(来ている)と考えています。

世界にも通用する農民を目指してます(笑)・・むむむ・・「世界の山ちゃん」って・・・名古屋の有名手羽先屋さんの名前じゃん(爆)

英語20分・中国語60分