2010年

10月

25日

副将軍水戸光圀様

16年振りの人間ドックで見事に引っ掛かり、今日は大腸の内視鏡検査。水戸様からカメラを入れるため、昨日から食事制限と今日は病院で写真の得体の知れない液体を1.5L飲まされます。カメラに映し出される水戸様内部をひたすら見せて頂き感動しました。

 

みんなが噂するほど私の腹の中は黒くなかった!!!いや、むしろ美しい!

大腸さん、人知れず頑張ってくれていたのね!人間の体って凄い!ついでにポリープを1個とってもらい、組織は病理に回されます。処置室でも先生と看護婦さんとゲラゲラ笑いながらの検査でした。

待合室では80歳のおばあさんと大腸検査話で大盛り上がり。このおばあさん異常もないのに何と25年間ず~っと検査に通い詰める大腸検査フリーク。今日は丸一日病院でヘロヘロ。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    tatsumi (月曜日, 25 10月 2010 22:52)

    水戸様お元気で何よりでした。
    あの、魔法の液体は大変ですよね。
    見てるだけで、満腹です。

    …私もしなきゃなぁ…と思いつつ、敷居が高い…

  • #2

    山ちゃん (火曜日, 26 10月 2010 22:54)

    tatsumiさん、ありがとうございます。
    自分の大腸をマジマジと見てしまいました。
    担当の先生は非常に上手でした。ベテランの看護婦さんも私をまるで子供のように扱ってくれました。場数ですね。嫌味がなくてベテランで、ああ、プロだなと。
    面白い経験でした。
    それにしても人間の体の内部は凄い。
    tatsumiさんも是非どうぞ!