2010年

7月

31日

バケとハゲ

続々と穂が出始めています。一番手はもち米の「たかやまもち」、二番手は酒米の「五百万石」、三番手は「ミルキークィーン」、四番手は「こしひかり」、五番手は「黒米」、そして最後六番手が「赤米」・・穂が出るちょっと手前の時期、大きくなった穂が茎の中でぽっこり膨らんで茎の薄皮から中の粒が透けて見える瞬間が私にとって一番好きな稲の姿です。女の人が妊娠して大きなおお腹で、もうちょっとで赤ちゃんが出てきます~「産まれる~っ!」という姿にそっくりです。なんとなくトウモロコシって感じもします。ちなみにトウモロコシもイネ科。穂は写真の様に茎を割るように出てきます。穂が出て一度に稲は姿を変身させます。さて、最近私の周りでは変身しかかっている若者が多いです。人の場合「化ける」とも「剥ける」とも表現しますが、私もまだまだ「ハゲタイ」あ、違った、「バケタイ」ものです。「うらめしや~」