2010年

6月

07日

名古屋駅新幹線ホーム

とんぼ帰りで名古屋駅。名古屋駅と言えば・・もう26年も前のお話。高校では陸上ホッケー部。卒業後その同級生の中で上京するのは私一人でした。そこで仲間たちがサプライズ。私の上京当日名古屋駅の新幹線ホームに突然ホッケー部同級生たちが現れ、お見送りの「山田~万歳!万歳!万歳~!」その後私が新幹線に乗り込んだところで更に「パパパ~ン!!バパパ~ン!」と一斉にクラッカーを鳴らし紙吹雪!「おぉ!みんなありがとう!山田頑張って参りま~す!」とドアが閉まり始め涙・涙の感動的瞬間。のはず。「コラァ~ッ!」という声がいろんな方向から一斉に聞こえドドドドッと駅員や警備員が走り寄ったかと思うと、クラッカーをまだ手にしている仲間たちを一斉に取り押さえるのでした。「はあああん?」取り押さえられる仲間たち、「プシュ~」と閉まるドア、取り押さえに抵抗し暴れる仲間たち、「プシュ~」と閉まりきる新幹線のドア、何と叫んでいるのか分らない仲間たちの顔・顔・・「プシュ~」と動き出す新幹線、「はあああん?」と取り押さえられ連行されていく仲間たち。「さようなら仲間たち!」   新幹線ホームでクラッカーはイカンのですね。このホームに立つ度に思い出す。

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    Greentank(上野トモユキ) (火曜日, 08 6月 2010 08:58)

    そんな思い出…すてき(笑

  • #2

    山ちゃん (水曜日, 09 6月 2010 02:37)

    「素敵」と言うより一瞬にして「周り敵」みたいな状況(爆