2010年

5月

08日

職業病

10トン車でトラクターと私を迎えに来て下さった隣村のK氏。さて、私の春の職業病は、農作業で手の使い過ぎ、そろそろ箸が持てなくなります。トラクターに一日中乗っているとパタパタパタ・・とヘリコプターが飛んでくる音が聞こえてきます。空を見上げてみてもヘリは見えません。つまり幻聴。私の耳は弱いみたいです。トラクターのディーゼルエンジン音が耳を変にしているのです。ヘリの音が一段落すると決まって次に救急車のピーポーピーポーが聞こえてきます。勿論これも幻聴。この救急車が聞こえてきたら体の危険信号です。すぐにエンジンを止めて小休止。エンジンを止めても耳からピーポーが消えない時は焦ります。「ああ~!段々ピーポー音が大きくなっていく!!」・・と、本物の救急車が前を通り過ぎて行ったことが何度かありました。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    くま (日曜日, 09 5月 2010 21:11)

    救急車に乗せられることのないように、気をつけてね!
    寝る前、ストレッチやってる?
    それから、いつでも声だし確認だよ。
    「臆病は勇気」が、この時期、我が家の合言葉。

  • #2

    山ちゃん (月曜日, 10 5月 2010 00:28)

    臆病は勇気との名言をありがとうございます。
    危険な進入路に入る時は、いつも
    くまさんが何年か前に田植え機をグァ~ンて転倒させた武勇伝を思い出してます(笑)
    確かに急いでる時は乱暴なことやらかすもんね。
    お互い16年目。16年前の体力が眩しい・・