2010年

3月

28日

用水路を耕す男

「事件が起きました」と休憩中のビニールハウスに来たのは元研修生の舟橋さん。

聞けば土手から耕運機が用水路に落ちて行ったとのこと。見に行くと耕運機は相当な段差を落ちてました。こりゃ一人じゃとても無理と、たまたま居合わせた百姓学校のM氏とH氏お二人にも助けてもらうことに。耕運機は4人の力でも到底持ち上がらず、ライスセンターからアルミブリッジ、ご近所からは材木をお借りしてやっとの思いで用水路から引きずり出しました。ありがとう百姓学校のお二人!数年前には河川敷からドッカーンと川に落ちて行ったトラクターがいました(奇跡的に無傷)。 実はこの手の転落事故をはじめ毎年年間400人が農作業中に事故で亡くなります。舟橋さんに怪我がなく本当にホッとしました。